2015年4月17日金曜日

50代 男性 デスクワーク 背部の痛み
13~4年前に右の背中を痛めたそうです。
病院などで、ストレートネックと診断されたそうです。
仕事などが忙しくなると痛みが出始めるそうです。
今回は1ヵ月半前に右肩に痛みが出始め、放置していたら痛みの範囲が広がっていきました。
姿勢を見てみると、頚椎の傾斜が出ており、胸椎にも側弯が出ていました。
さらに詳しく話を聞いてみると、子供の頃から頸の傾きは出ており、写真などの時には毎回指摘されていたようです。
左足首が外反しており、股関節や膝のバランスも崩れていました。
他の整体に通っていたそうですが、筋肉をほぐす事がメインだったそうです。

骨盤股関節膝足首などを調整しました。
その時点で背中のハリは軽減しましたが、部分的なハリは残っていました。
4回目の矯正あたりから背中のハリはだいぶ出なくなりましたが、肩や肘などの問題も出ており、体幹の安定を重視しながらそれらも矯正していきました。
6回目の来院には「すこぶる調子が良い」とのことですが、バランスの崩れた筋肉を再強化しながら、さらに安定した状態を作り、予防を目指している状態です。
カイロプラクティックの矯正がとても有効なパターンですが、今までは状態が安定しなかったそうです。
やはり原因になる部分がどこにあるのか?
それをきっちり調べていく事がとても大事だと思います。

2015年2月5日木曜日

40代 女性 病院勤務 予防など
4年前から、病院のシーツ交換の仕事をされているそうです。
首の痛みが起きたため、リラクゼーションのお店でマッサージを受けたら腰痛になってしまったそうです。
その他、ふくらはぎの痛みなどが起きています。
骨盤の傾斜のバランスが悪いために、O脚が目立ちました。
大転子(太ももの骨の外に張り出した部分)が外側に位置しており、腰椎の前彎がほぼ無い状態でした。
マッサージを受けて痛めた部分は、これらのバランスの緊張を取らずに揉み解そうとした為に、かえって痛みを起こしてしまったようです。

過去に痛めた膝の問題などから来る、左右の骨盤のバランスを矯正しました。
この時点で腰の痛みは軽減したようです。
今後の方針として、腰仙角(腰椎と仙骨の角度)の問題は、矯正をするだけでは改善しきらないのですが、幸にしてスポーツクラブで定期的に運動をされているようなので、運動とあわせて改善していきます。
この文章を書いている時点で、7回目の矯正を終えていますが、仕事のあとに起こっていた肩こりが起こらなくなったそうです。

2014年10月28日火曜日

10代 男性 学生 側弯
今年の健康診断で、側弯の疑いがあるため再検査と言われたそうです。
外科にてレントゲン診断の結果、側彎があるが様子を見ましょうといわれたそうです。
調べてみると、確かに大きな傾きがあり、耳や肩や肩甲骨の左右差が見られました。
全体的にバランスが悪く、やや不安定な感じも見られました。
その他O脚もみられましたが、傷みなどの自覚症状は無いそうです。

大きな怪我などは無く、数年前まで水泳を続けていたが、今現在は何もしてないそうです。
生理的弯曲が大人のそれとは違い、頸部から上部胸椎はフラットでした。
立位と坐位で側弯の状態が大きく変化することから、骨盤股関節の問題を考えました。
O脚もあったので、膝や足首の矯正をしたところ、肩までの高さはほぼそろいました。
身体をくねらせるような癖があり、普段の姿勢も問題があるということなので、状態が安定するまで矯正を続けることになりました。
側弯自体は二次的な問題ですが、成長期のうちに問題をなくすことがベストと思われます。


2014年10月6日月曜日

50代 女性 看護師 膝の痛み
仕事でしゃがむことが多く、以前から痛みを起こしていた。
膝をまっすぐに伸ばす事・深く曲げる事が困難で、膝蓋骨の上・内側関節周辺・膝窩に水が溜まっていました。
以前病院で水を抜かれた時、激痛と悪化があった為、なるべくなら水を抜かないで治したいとの事でした。

炎症を起こしていた事と水が溜まっていた事で、関節自体がかなり不安定な状態でした。
アイシング等、出来る限りの浮腫を取り除いてからの矯正。
矯正をすることで痛みがさがり、膝を伸ばせるようになりましたが、膝全体の圧迫をするサポーターをつけて生活してもらいました。
数回の矯正で膝の腫れや浮腫なほぼ無くなり、日常での歩行は気をつけなくても良くなったとの事です。
関節を支える周辺の組織が弱っていた事、膝を曲げてかばった状態でいた事からの筋力低下もあったので、状態を安定させながら筋力をあげていくのがこれからの課題です。
40代 男性 講師 背部の強いハリ
以前から背中のハリが強く、右肩の痛みも出ている。
数年前から他の整体に週1で通院するが、来院する頃には症状が戻ってしまっていたそうです。
授業の時間が長く、板書がかなり多い。

全体の状態を見たところ、確かに背中のハリが強く、側弯も出ていました。
後頭骨の傾きもあり、右肩が上がっていました。
その中でも特に気になったのが、右足首の内反でした。
本人はそこまでの自覚症状が無かったのですが、骨盤から後頭骨の問題をなくしつつ、足関節や膝の矯正をすすめていきました。
板書による右肩の問題もありましたが、骨盤や足首の状態が安定していくと、それらの問題も無くなっていきました。
疲れにより症状が出ることもあったので、安定をさせる意味で右足首に内反を抑えるサポーターをしてもらいました。
そこからは数年続いていた背中のハリが無くなり、安定した状態になりました。
問題を起こしているところだけでなく、何から問題が起きているのかが大事だとわかる症例でした。

2014年9月19日金曜日

40代 男性 事務 腰椎すべり症
3年前から腰の痛みが出始め、整形外科ですべり症と診断。
薬を処方される。
整体を受けてみたが、効果は無かったそうです。
座り仕事や重い荷物を運ぶことで、歩行に問題が起きるようでした。
また仕事のストレスから、数年前に体重が25kg増えてしまったそうです。
今現在は体重は落ちましたが、左足底にも痛みがあり、歩行のたびに痛みが強まるそうです。

調べてみたところ、左足の痛みとすべり症の症状は別々の問題を起こしていたようです。
骨盤股関節、足首膝の矯正を続けながら、左足にはアーチを保護する為のサポーターをつけてもらいました。
その時点でもすべり症の症状はおさまらないので、それ自体への矯正を行いました。
最初の数回は数日で症状が出てしまうようでしたが、回を重ねるごとに安定していきました。
通常の腰痛などは、10の問題や痛みが、矯正をするごとに少なくなっていきます。
しかし、すべり症の問題は、極端に言えば0か10の状態になります。
ですから、問題を起こしている腰椎が安定するまでは油断出来ません。
お仕事が忙しいようで、ベストなタイミングで矯正する事は難しい状況です。
3ヶ月経過した時点で7回矯正を行いましたが、今現在はよほど強い負担がかからなければ症状は出なくなっているそうです。
40代 女性 教師 腰椎すべり症
数年前からの介護の負担から、腰痛になり10分歩くのも困難のようでした。
病院ですべり症と診断。牽引や薬を処方されるが、治らない問題と言われたそうです。
痛みを避けることから、股関節や骨盤のバランスが崩れていました。
学生の頃にバレエをされていたようです。

まず骨盤や股関節など、横のバランスをとることから始めました。
この時点でも痛みの軽減はみられました。
歩行の問題を起こしている、すべり症の腰椎を矯正することで歩行の問題もなくなって来ました。
この手の問題は、ベースを正してあげるだけでも症状がおさまる場合がおおいので、いきなりすべり症の矯正をする事はありません。
あれから20年位になりますが、予防の為に今でも定期的な矯正を受けにこられています